時をかける表象

東京大学文科2類。記事と日記に分かれてます。

俺の焼肉

2019/12/25 水曜日 [あとがき] 2020/10/16 金曜日

 

f:id:wimper458913:20200201202604j:image

 

今日は12時過ぎに起きたあと、朝食も取らず授業に行き、授業が終わるや否や渋谷駅で彼女と待ち合わせた

今日は俺の焼肉という店の「俺の牛皿」という1日10食限定のメニューを食べるために、急いで新橋駅へと向かった

開店30分前には15組ほどになっていた列の先頭で開店を待ち、店に入ってすぐ「俺の牛皿プレート」の松坂牛を注文した

店内はクリスマスということもあって綺麗に飾り付けがなされており、先着10組は当然のように「俺の牛皿」を頼んでいて、席について数分後には「すいませんまた売り切れてしまって」と頭を下げる店員さんの声が聞こえてきた

f:id:wimper458913:20200201222519j:image
f:id:wimper458913:20200201222525j:image
f:id:wimper458913:20200201222515j:image

https://www.instagram.com/p/B6ptrGHJ6uH/

Instagram post by 時をかける表象 • Dec 29, 2019 at 9:45am UTC

 

600gもの松坂牛を一度に食べられる機会もなかなかなく、本当に美味しかった

店員さんによると、昔は皿の牛の場所に対応させて、肉の部位を置いていたらしいが、今ではその日1番の肉を盛り合わせるようにしているらしい

また「黒毛和牛特選豪快樽盛り」というメニューを頼むと、あそこのお客様が頼みました!的なことを言いながら、店員さんが皿を持って店内を一周して席に持ってきてくれるというイベントが発生していた

かなり値段も張るが、なんとなく夢があるのでいつか頼んでみたいなと思った

あと全然関係ないけど、銀座にもいつか行きたい肉の店があるので、いつか行きたいと心の中の小泉進次郎も言っていた

f:id:wimper458913:20200201223658j:image
f:id:wimper458913:20200201223653j:image
f:id:wimper458913:20200201223704j:image
f:id:wimper458913:20200201223701j:image

 

 

その後はu omotesandoというカフェに行った

とても入り組んだ道の奥にひっそりとある感じで、よくインスタで見る入り口と階段でまず写真を撮った

f:id:wimper458913:20200201224852j:image
f:id:wimper458913:20200201224842j:image
f:id:wimper458913:20200201224838j:image
f:id:wimper458913:20200201224847j:image

https://www.instagram.com/p/B6p9V5ipaUQ/

Instagram post by 時をかける表象 • Dec 29, 2019 at 12:01pm UTC

 

この店はヴィーガンの店で、食品ロスを防ぐために水などはセルフサービスとなっており、すべてのメニューにも動物性食品は使用していないらしい

f:id:wimper458913:20200201225219j:image
f:id:wimper458913:20200201225216j:image

 

見た目も可愛くて、普通に美味しかった

ヴィーガンというと急進的な態度が冷笑されがちではあるが、毎日ヴィーガンの生活をするというわけではなくて、たまにそうした生活を意識して、継続できそうだったら徐々に回数を増やしていくという方針を取ればいいと思った

この店は壁中にヴィーガンに対する疑問とその答えが敷き詰められており、そうした取り組みを真摯に行っているということがすごく伝わってきてすごく好感が持てた

ちなみにこのカフェはこの日が最終日の期間限定カフェであり、RADWIMPSのギタリストである桑原彰も来店しているようで、自分にとっては聖地巡礼のような心地さえするものだった

 

 

[あとがき] 2020/10/16 金曜日

今日は去年のクリスマスに行ったお店について書きたいと思います。上に書いたように、後半で紹介したu omotesandoは2019年12月25日をもって閉店しているらしいので、私たちはギリギリ滑り込んだことになります。階段も入り口も本当にオシャレで、壁やボードに書いてある記事はとてもメッセージ性が強く、本当に社会の食習慣に一石を投じたいんだなというのがひしひしと伝わってきました。特に私は肉を食べるのが好きなので、ヴィーガンに対する興味と正しい理解を得る上でいいきっかけとなりました。インスタのハッシュタグなどを見ると、どうやら別の場所に期間限定で出店していたような気もするのですが、詳しいことはわかりません。調べていくうちに、このカフェは城田優さんの妹であるLINAさんがプロデュースしていることも知りました。本当に定期的に通いたくなるカフェだったので、また再開して欲しいなと思います。

前半で説明した俺の焼肉は新橋駅から徒歩5分以内の場所にある焼肉店です。銀座線の新橋駅3番出口からは徒歩1分で到着できます。ちなみに都内に俺の焼肉は新橋の他にも銀座や蒲田にあり、俺のフレンチや俺のイタリアンなどを含めた俺の株式会社は東京を中心に幅広く展開しています。私は俺の焼肉しか行ったことがありませんが、俺の焼肉があまりにも美味しかったのでイタリアンなども行ってみたいと思います。この日はクリスマスということもあって、かなりの人が並んでいました。1日10食限定の「俺の牛皿プレート」は運が良ければ開店1時間後でも食べられるらしいのですが、この日は本当に数分で売り切れてしまいました。確実に食べたいのであれば、少なくとも開店15分前くらいには到着しておくことをオススメします。今年の6月に行った六本木の牛牛と同じくらい美味しく、どちらも人生で食べた中でもトップクラスの満足度でした。やっぱり港区は偉大です。俺の焼肉は11時30分から15時までのランチで行くと、比較的低価格で高級な肉を楽しめるらしいですが、ランチを港区の焼肉で済ませるような生活をしてみたいです。現在は新型コロナウイルスの影響で営業時間なども変更しているかもしれないので、来店する前に予約と確認をしておくべきだと思います。ちなみにこの店ではPayPayでの決済もできますし、私もPayPayを利用して200円分の残高が付与されました。今ホームページから予約するとGo To Eatポイントが貰えたりするらしいので、是非記念日など大切な日のディナーに行ってみてください。本当に美味しかったです。