時をかける表象

東京大学文科2類。記事と日記に分かれてます。

21のPt0.25

2019/09/29 日曜日 [あとがき] 2020/10/31 土曜日

f:id:wimper458913:20191005190813j:image

街が増税前のセールで賑わう中、今日は誕生日プレゼントを買いに行った

今回で今の彼女の誕生日を祝うのは3回目になる

1回目と2回目については既にブログにまとめてあるのだが、今回は全額自分で稼いだお金で買う初めてのプレゼントだった

6月末に始めたバイトの給料が振り込まれている通帳を片手に、お金を下ろすという人生初の体験に心を弾ませながらATMの前に立つ

遠距離恋愛ということもあって、通帳に入っているお金は全部プレゼントか何かに使おうと思っていたので、とりあえず全額下ろしておいた

19歳にシルバー、20歳にゴールド、21歳にプラチナのアクセサリーを渡すと良いという資本主義の告げ口に今まで従ってきたので、今年はプラチナのリングを買おうと思って渋谷のTiffanyにやってきた

すっかり厚くて重くなった財布を片手にキラキラと輝くショーケースを覗き込むと、欲しいと思ったものはどれも30万円以上するものだった

今の自分の予算で買えるものはどうも見栄えのしないものばかりで、やっぱりTiffanyは厳しいのかなと思い、気がつけば昨年と同様、性懲りもなく4℃に来ていた

とりあえずプラチナとダイヤのリングということで6つくらいに候補を絞ることができ、ダイヤが出ているタイプのものは引っかかりやすいということもあって、予算と照らし合わせるとすぐに決めることができた

Tiffanyと違って20万円以上のものは売っていなかったし、なんとも学生に優しいブランドだなと思った

吉祥寺の方にあるCanal 4℃には安価の商品も多く置いてあると教えてくれた店員さんとは自分と最寄駅が一緒だった

出口の方角まで一緒で、あそこのコンビニは重宝してしまいますよね、という会話をしながら1TBのPS4 Proが3台は買えるほどのリングを大事そうに包装すると、最高のプレゼントになりますよと言ってくれた

f:id:wimper458913:20191005190702j:image

 

 

去年と同様に2000円のケースも別売りで買ってしまった

これがあるとダイヤが本当に輝いて見えるから、一瞬の輝きだとはわかっていても買ってしまう

なんだかんだ去年も好評だったし、プレゼントの額が倍になった今では2000円が本当に端金のように思ってしまった

面白くなさそうな飲み会とか電車代の2000円は凄く高く感じるのに、こういう時の2000円はどうでも良くなってしまうのが不思議だった

ギャンブルの当選確率1%と難病の死亡率1%が同じように感じるわけではないことを考えると、やはり人間の感覚と客観的な指標との間にはかなりの隔たりがあるように感じる

f:id:wimper458913:20191005190813j:image

f:id:wimper458913:20191005190920j:image

 

写真では伝えられないほど綺麗なプラチナリングのダイヤは0.25カラットらしく、それを店員に聞いてからこれに即決してしまった

当然それなりに値は張るものではあったが一応予算の想定内であったし、2ヶ月ほどバイトをしてIELTSのテストを5回受けたと思えば、0が刻まれた通帳にも納得がいった

特に9月は結構バイトをしたし、来月になってまたお金が降ってくることを考えれば、何も怖いものはなかった

遠距離ということもあって、毎日会えているわけではないので、来年の誕生日まで毎日360円を恋愛ゲームに課金していると思うようにした

今までと違って一応自分で稼いだお金でプレゼントを買ったことが誇らしく思えたし、大人になった感じがした

生活費や学費を両親に工面してもらっていることを考えると、厳密に言えば自分のお金で買ったわけではないのだが、別の使い道もあったにも関わらずプレゼントに使ったということに意味があると思う

純白で強い輝きを持つプラチナが純愛を表すように、純粋な気持ちで大切に身につけて欲しい

 

 

[あとがき] 2020/10/31 土曜日

ちょうど1年前の誕生日プレゼントについて書きました。タイトルの通り、21歳の誕生日はプラチナリングの0.25カラットです。正直この時期はあまりにも忙しくて、いつどんなシチュエーションで買いに行ったのかも覚えていませんし、値段もこのブログを見るまで二桁であることしか覚えていませんでした。特にPlayStationの値段はどんどん安くなっていくので、この時のPS4って何円くらいだっけと思いましたが、IELTSを5回分と書いてあるのを見て速攻調べました。昔の自分が未来の自分にヒントを与えてくれました。よくパスワードを忘れた時のリスクヘッジとして、「子供の頃のあだ名は?」とか「中学校の担任の先生の名前は?」みたいな質問を選べるタイプの奴がありますが、たまに出来心で奇想天外な回答を正解としてしまって一生開かなくなってしまうことがあります。「母親の旧姓は?」という問いは答えが一つに絞られるはずなのに、どんな表記で送信しても正解にならず、適当に「マイケルジャクソン」とか「マライアキャリー」と送信していった末、「アンジェリーナジョリー」で正解した時は過去の自分を疑いました。ジョリーパスタでも食べていたのでしょうか。それはそうと、この記事を読んで忘れかけていた記憶が蘇ってきました。現在ではもう閉店となってしまった渋谷東急本店で買ったこと、確かその上の階にあるATMで初めてお金を下ろしたこと、対応してくれた店員さんと最寄駅が同じで1年前の奇妙な経験がフラッシュバックしたこと、サプライズのために「大きなドクロが付いてる指輪買った!」と彼女に電話したら、自分のセンスを信じていない彼女が間に受けて険悪なムードになったこと。誕生日の何日前にどんな服で買いに行ったのかは覚えていませんが、重い身体を起こして一人で買いに行ったのは何となく覚えています。初めて一人で買いに行ったプレゼントなので、他のブランドのことや企業機密に関わるような質問を店員さんに投げかけて、答えにくそうな顔をさせてしまいました。上に書いたように結構すんなりと決まったのですが、今考え直してもこれでよかったと思います。どのようなシチュエーションでプレゼントを渡して、彼女がどんな感じで受け取ったのかは覚えていませんが、今でも欠かさず付けてくれています。

f:id:wimper458913:20201031085818j:image

 

 

やはり1年経っても輝いているのはプラチナリングだからだと思います。他の金属を混ぜて白くしているホワイトゴールドと違って、プラチナの白さはプラチナそのものの輝きなので、全く色あせることがありません。当然手入れも簡単で、少し柔らかい布でたまに拭くだけで長持ちします。またプラチナはダイヤモンドとの相性もとても良く、お互いの輝きをお互いが引き立たせてくれます。婚約指輪や結婚指輪にダイヤモンドやプラチナが使われるのは、どちらも純白で純潔なイメージがあり、永遠に輝き続けるからでしょう。当然シルバーやゴールドより値の張るものではありますが、プラチナは硬度が高い分、細いリングにもさらに細い爪を仕立てて宝石をしっかり留めることができ、まさにプラチナとダイヤモンドはお互いが惹かれ合う星の下に生まれたといっても過言ではないと思います。また今回のリングは0.25カラットですが、そもそもカラットとは宝石の重さの単位であり、1カラット=0.2gです。重さが大きくなれば、当然宝石の大きさも大きくなって値段も高くなります。基本的にカラット数がn倍になると、値段はn² 倍になると言われているそうです。つまりカラット数が2倍になると値段は4倍、3倍になると値段が9倍ということです。ちなみに2019年のゼクシィの調査によると、20代が選ぶ婚約指輪では0.2〜0.3カラットが34.5%、0.3〜0.4カラットが25.3%となっていて、0.4カラット未満で約6割を占めています。1カラットは直径約6.5mmで、0.3カラットが直径約4.3mmなので、両者の間には2mm以上の差があり、見た感じの印象もかなり違います。当然大きければ大きいほど好ましいと言うわけでもなく、カラット数が大きければゴージャスで華やかなイメージになり、逆に小さければ清楚で可憐な雰囲気になるそうです。個人的にはメレダイヤと呼ばれる、0.1カラット以下のダイヤモンドが少し大きめのダイヤの周りに敷き詰められているようなものが好きです。調べたところ、0.3カラットくらいが女性の指には派手すぎず大人しすぎないらしく、デザインの可愛さを求める20代にはこの辺が人気らしいです。ちなみに同じくゼクシィの調査によると、婚約指輪の全国平均価格は35万5000円らしく、24歳以下に至っては25万2000円となっているそうです。給料の3ヶ月分というよりは約1ヶ月分だし、30年以上前に結婚した母から聞いていた話とはかなり違っていて、やはり日本は緩やかに貧困になっているのかなと思いました。自分がいつ誰と結婚するのかはわからないけど、将来のために今できる努力をしたいと思います。ちなみに1カラットダイヤの指輪は約100万円が相場らしく、100万円あれば海外旅行とかも普通に行けるよなと思いました。お金はいくらあっても足りません。小学校の時に買ってもらったお小遣い帳の裏表紙に「お金は大切にね」と書かれていたのを思い出しました。これからも豪華一点主義でいきたいと思います。

f:id:wimper458913:20201031095428j:image